気まぐれ雑記帳

鉄道のことはもちろん、日々の生活の中で感じたことなどをマイペースに書いていきます。新コーナーも続々登場予定!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


kako_127.jpg

 <あらすじ>
 新幹線(他)で名古屋入りした自分。過酷な食事(笑)を制し、次に向かったのは「リニア・鉄道館」でした。



IMG_k5724.jpg
 入るといきなり別世界。
 高速鉄道技術をテーマにしているということで、ここシンボル展示室には鉄道の高速化に大きく貢献した3車両が展示されています。

IMG_k5924.jpg
 一番左はC62-17。国内の蒸気機関車最高速度記録(狭軌)129km/h保持車。
 え、なぜ2階から撮影した写真を載せているかって?簡単なことさ。ハイアングルの方が仕上がりのいい写真が撮れるから。

IMG_k5922.jpg
 続いて955形・・・というよりも「300X」と呼んだ方がしっくりきますね。300系と700系の間あたりに活躍した試験車両で、国内最速記録(リニア除く)443.0km/h保持車。なるほど、確かに300系と700系を足して2で割ったような顔つきですね。
 ちなみにこの車両もハイアングルから。だって(以下略

IMG_k5933.jpg
 蒸気機関車・新幹線と来れば次はリニア。そしてここまでハイアングルで来ればこれも自動的にハイアングル写真となりますw
 こちらの車両はMLX01型。世界最速記録の581km/h保持車です。
 ・・・ここまでくると形式とかはどうでもいいような気もしないではない・・・(爆
 山梨リニア実験線での任務を終えた後、「愛・地球博」で展示され、耐久テストを経ての展示となりました。

IMG_k5902.jpg
 続いて車両展示室へ。大宮の鉄道博物館と比べると雰囲気がめちゃくちゃ明るい。太陽光を取り入れているためか、屋内なのになんか開放的。写真の撮り甲斐もより一層あるってもんです。
 ただ、車両全体はさすがに入らないので、全景写真の中でも一番のお気に入りアングルの写真を掲載しました。

 さて、ここからは「リニア・鉄道館」の車両展示室が誇る展示車両を紹介していきます。
 ただ、全部紹介するわけではありません。とんでもない分量になりますし、そもそも自分の知識量だとカバーしきれない車両も多数いますし・・・。

IMG_k5757.jpg
 というわけでまずは新幹線車両から。
 0系は鉄道系の博物館では常連クラスと言えそうですが、ここでは合計4両展示されています。

IMG_k5813.jpg
 続いて100系。2階建て車両も連結して展示されています。
 自分が東海道新幹線によく乗っていた頃は既に300系がバンバン「こだま」運用に入っていたので、懐かしいというよりはむしろ新鮮。そういや100系引退直前のリバイバル塗装車も撮れずじまいだったなぁ。

 IMG_k5744.jpg
 さらに300系。試作車と量産車の2種類が並んで展示されてるというのが面白いです。
 これで「左と右、試作車はど~っちだ」というのもできるわけですねw
 (間違ってはないかもしれないけど、なんかちょっと違うぞ)
 ・・・正しくは試作車と量産車の違いをしっかり見せるためです。冗談かましてすみません(^^;;;

IMG_k5844.jpg
 さらにさらに922形「ドクターイエロー」。今の「ドクターイエロー」の一世代前にあたる0系フェイスの車両です。
 特筆すべきはこの車両が引退後JR西日本の博多総合車両所にいたこと。よくぞここまで持ってきたものです。

IMG_k5812.jpg
 続いて在来線いきます。こちらは381系
 381系の国鉄色なら福知山線に行けば見ることができますが、貫通型の車両は全車引退済なので貴重。貫通型のこの顔といえば先月「こうのとり」から183系が引退したのも記憶に新しく、「貫通型萌え」が楽しめるのもここだけになってしまいました。
 凛々しいお顔に「しなの」のトレインマーク。正直ここの全展示車両の中で一番カッコいいです。

IMG_k5800.jpg
 その後ろにはキハ181系。山陰の印象が強いですが、この車両のルーツは中央西線電化前の「しなの」に遡ります。
 つまり、かつて「しなの」で活躍していた2車両を縦に並べて展示しているということです。昔の上野駅やら仙台駅やらを再現展示する大宮の鉄博のような派手さはありませんが、粋な演出です。

IMG_k5804.jpg
 続いてクハ111のトップナンバー。幕はしっかり「東京」です。
 湘南色の113系もデカ目も今や絶滅寸前とあって、この車両も近い将来より一層貴重になっていくことでしょう。

IMG_k5765.jpg
 続いてモハ52形。戦前の流線型ブームの中でデビューした車両です。

IMG_k6043.jpg
 ここからは飯田線シリーズ。クモハ12形はJR化後に一度復活して「ゲタ電」として親しまれました。

IMG_k5793.jpg
 ED18-2。わりと最近まで「トロッコファミリー号」の牽引機として活躍していました。

IMG_k5808.jpg
 EF58-157。こちらも「トロッコファミリー号」で活躍していました。
 でも、この車両の現役時代は青とクリームのツートンじゃなかったっけ。個人的には青い方が好きだし、わざわざ茶色に塗り替える必要あったか・・・?

IMG_k5850.jpg
 続いてC57-139。車両展示室唯一の蒸気機関車です。そして地味に準鉄道記念物で、お召し仕様。

IMG_k5790.jpg
 蒸気動車のホジ6014。もうここまでくるとサッパリですが、蒸気動車というのはディーゼルエンジンの代わりに蒸気機関を積んだ車両です。つまりディーゼルカーの祖先とも言える車両で、その功績が評価されて鉄道記念物に指定されています。
 ・・・恥ずかしながらここでこの車両の存在を初めて知りました、相当な大物だったってわけですね・・・。こりゃ失礼しました(^^;;;

 ここまで一通り展示車両を紹介してきたわけですが・・・。

IMG_k5912.jpg
 まだまだいます。
 こうやって車両を奥に詰め込んでいるのは、限られた敷地にできるだけ多くの車両を収蔵するためだと考えられます。有難いことではあるんですが、写真は非常に撮り難い・・・。。。
 そしてこれらの車両群の中には、掘り出し物も多数います。できることなら全部紹介したいところですが、分量の関係で個人的に印象に残った車両のみにとどめさせていただきます。

IMG_k5788.jpg
 「おいらん車」こと建築限界測定車のオヤ31

IMG_k5779.jpg
 続いて165系。この車両の現役時代を文献でしか知らない世代には、ここでの展示は非常に有難いですね。それに165系って保存例が少ないですし。

IMG_k5775.jpg
 381系「しなの」ですが、こちらはJR化後すぐに登場したパノラマグリーン車。この車両も現役の頃を見たかったな~。

 鉄道模型ジオラマも見てきました。
IMG_k5852.jpg
 日本最大のジオラマだそうで、見応えもかなりありました。
 JR東海の博物館ということで、ジオラマの中心はもちろん東海道新幹線。新幹線の沿線風景も再現されています。ということは・・・。
IMG_k6002.jpg
 スカイツリーと東京タワーの共演!
 さらに国会議事堂に東京駅もあります。ということは、このジオラマの世界では東京駅に313系が・・・ってそれを言っちゃ終わりですね(爆
 関東があれば関西もある。というわけでジオラマ左手には清水寺に道頓堀に甲子園が見えました。

 ちなみにここのジオラマはかなり精巧に造られているようで、小ネタも結構あります。
 小ネタ①:名古屋駅近くの広場は野外ライブで盛況中。
 小ネタ②:時代劇の撮影をしている所もあった。
 小ネタ③:甲子園では野球の試合。タイガースか、それとも高校野球か・・・。

 展示車両やジオラマだけでなく、他の展示も見学したりして「リニア・鉄道館」を大満喫。
 あ、勢い余ってかこんな写真が出てきました。
IMG_k5894.jpg
 休憩用のベンチは300系のグリーン席の流用品でした。やたら豪華なベンチでww

 それともう1つ。この展示車両を忘れてました(^^;
IMG_k5886.jpg
 屋外には、休憩車両として117系が展示。屋外の上に場所が場所なだけに、今後の状態が不安なところではありますが・・・。
 あと、前面幕はどうせなら京阪神の「新快速」にしてほしかったな・・・なんて言うのは無茶でしょうか。

IMG_k6058.jpg
 最後に0系&100系という至高の並びを撮影して、「リニア・鉄道館」を後にしました。
 初めて「リニア・鉄道館」を訪れましたが、いやぁかなり楽しかった。
 展示車両が多く、それにマニアックな車両も結構いたので、眠っていた鉄道マニアとしての本能が目を覚ましました。
 今回は3時間強程度の滞在でしたが、もっと長い時間いたいな~と思いました。ていうか是非ともまた来たい。
 「また来たい」の理由が結構撮りこぼしをしていたからというのは内緒で(殴

 あおなみ線で名古屋にとんぼ返り。あの列車が発車待ちをしているということなので撮影に向かいました。
IMG_k6074.jpg
 それがコレ。313系の「セントラルライナー」です。
 「セントラルライナー」は去る3月16日のダイヤ改正で廃止されてしまった列車。つまりこの日が最終日となりました。200系や183系に目が行きがちだろうけど、この列車もダイヤ改正で消える列車の1つだぞー。それでも撮影者は自分含めて5人ほどいましたが。
 ちなみに「セントラルライナー」専属だった313系ですが、今はどうやら普通の快速として走っているようです。

 ささやかな葬式を済ませたところで大阪へ向けて移動開始。
 当初は近鉄特急で優雅に移動・・・となる予定でしたが、金銭面の壁にぶち当たってしまい、結局18キッパーおなじみのルートになりました。
 大垣・米原と乗り換え、いよいよJR西日本エリアに突入。ところが・・・。

 彦根から隣に座ってきた女子高生が、席に着いてすぐに電話しはじめる。
 しかも延々と長電話。
 結局その女子高生は乗車時間の実に95%を通話時間にしていた。
 マナーがどうとかを通り越して、ここまで来ると「堂々としてるな~」とさえ思えてくる。
 こんな事は書くべきではないんでしょうが、あまりに堂々としていたのでこちらも堂々と書かせていただきました。
 そういや前に関西では信号を守る人があまりいないということも聞いた事がある(これは大阪の話ですが)。まさか米原からほんの数分にして関西の洗礼を浴びるとは・・・。

 そんなこんなで大阪に着き、大阪環状線に乗り換え。ところが・・・。
 同じ車両に居合わせていた親子連れが結構ぶっ飛んでて・・・。例えば、車内でかくれんぼしていたりとか。
 こういう光景を見ると、イライラするとかじゃなくてなんか面白くなってくる。「俺大阪に来てるんだな~」って。
 そしてこれを書いてる自分も若干リミッターが外れかけています(爆

 濃厚な大阪テイストにお腹一杯になったところで新今宮に到着。
 ここから徒歩2分のホテルにチェックイン。部屋に入るとビックリ。

 三畳間かいっ!!!

 まぁ下宿だと思えば居心地はかなりいい。
 新今宮の周辺には2000円台はおろか1000円台に到達するホテルもゴロゴロあり、この日宿泊したホテルもその1つです。

 三畳間で少しまったりした後、夕食を食べるため一旦ホテルを出る。
 「天王寺の方が食べる所いっぱいあるだろ」という単純な発想で、お隣の天王寺へ。天王寺では阪和線205系リニューアル車を初撮影しました。
IMG_k6100.jpg

 さて、店を探す時に目当てとしていたのが「安くてガッツリ食べられる所」。
 何せ例の抹茶からほとんど何も食べてないわけですからね・・・。
 しかしそういうお店はなかなか見つからず。ていうかそういう人間が駅ビルのレストラン街にいるという時点で矛盾しまくっている気がしますが(^^;;;
 結局京ゆばと九条ねぎの親子丼に落ち着きました。・・・大阪なのに(^^;;;

 新今宮に戻り、コンビニに向かうため歩いているとこんなお店を発見。
 「定食500円台、ご飯おかわり自由」
 ああ、もうちょっと早く発見していたら・・・。。。

 そしてホテルに戻り、三畳間に布団を敷いて0時前には寝ました。



 二日目 その1
 一日目 その1
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿














この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://hayatenoweblog.blog20.fc2.com/tb.php/149-05830134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

hayatenowind

Author:hayatenowind
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。