気まぐれ雑記帳

鉄道のことはもちろん、日々の生活の中で感じたことなどをマイペースに書いていきます。新コーナーも続々登場予定!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ・・・あかん、ウイイレで現実逃避ばかりする日が本当に来そうで怖い(汗

 どーでもいいつぶやきは気にせずいきましょう。今日は久々に獲れたて日常ネタです。

 ウチのサークルでは週1回昼休みにミーティングがありますが、今日のミーティングでは自己紹介カードを書きました。新しく後輩達がたくさん入ってきて、各部員の自己紹介カードを作ることになったようです。
 ミーティングとはいっても結構ユルい感じなんですけどね。

 自己紹介って結構大事なのよ。
 特にこういう記入式のって、書かれたカードに人間性とか出ちゃうんですよ。
 そうなると下手は打てない。とにかく「突っ込まれないように、イジられないように」と安全策で書こうとしましたが・・・。

 「1年生は無難に書いていいが、上級生はネタに走れ」という限りなく無茶振りに近い教訓を頂きまして(^^;;;
 結局自己紹介に入れるネタを考えるって、180度路線変更しちゃってますよ(笑
 真剣に考えた結果のネタは、贔屓目に見てもスベり確定というねー(爆

 どうにか自己紹介カードを書き終えましたが・・・。
 そのカードを見せたところ、見事にイジられるという(^^;;;
 まぁこうなることは分かってましたよ。ていうか、イジられる覚悟が無かったら自己紹介カードなんて書けないでしょ。
 ていうかイジられたのって、真面目に回答した箇所なんですけどね~(^^;;

 そしてカード記入に全力を注いだ結果、ミーティングの間に昼飯を食べそびれました(笑 3限空きで助かったぁ~
スポンサーサイト

 ちょっとねぇ・・・。日常ネタを月に2回しか書かないって、いくらなんでも少なすぎやしませんかねぇ・・・。。。

 まぁパソコンに逃げる暇がない程充実した日々を送っているってことで。

 昨日だってたまには更新しようかな~なんて思っていたら、

 ブログがメンテナンス中とかねーorz

 ところで、なんか集中力が減ってきたような気がするんです。
 そもそも自分の集中力は「受験期の10分の1もない」という噂まであがるほどなんですが、5月に入ってからは特に集中できない日々が続いて・・・(^^;;;
 頭の中では五月病が元気にサイクルしています(苦笑

 まぁ頑張りますよ。

 さぁ~て写真は・・・・・・・・・写真・・・・・・写真ねぇ・・・。。。
 貼ろうとして画像ファイルをクリックしたら出てきたのはなんかよく分からん文字ばっかし(涙

 そろそろこのブログも潮時か!?

 ・・・なんて言ってる割には辞めるつもりサラサラなかったり(殴 ファイルが復旧すればの話だが

kako_127.jpg

 <あらすじ>
 別府観光フルコースをこなし、特急にちりんで一路宮崎へ。名店のチキン南蛮に舌鼓を打ち、温暖な風を肌に感じて宮崎の夜を過ごす。



 さぁそんな宮崎で迎える九州二日目の朝。朝食バイキングを食べて悠々とホテルを出る。こういう時駅近のホテルって便利だよな~。
 この日は傘マークが天気予報を支配してましたが、ホテルを出た時はまだギリギリ雨は降ってませんでした。

IMG_k6897.jpg
 まずはきりしま、という列車に乗るってよ
 ・・・「桐島」っぽく言われてもなぁ(^^;;;

 苦しいシャレはさておき、列車は宮崎を発車。
 昨日のにちりんと同じく車内はガラガラ。そして昨日のにちりんと同じく、かなりのんびりした雰囲気です。

 宮崎を過ぎてからしばらくして、とうとう窓に水滴が。
 景色もあまり見えなくなったので、鹿児島に着くまで一眠りするとします。

 そして宮崎から2時間ほどで列車は鹿児島中央に到着。
 鹿児島に着いたら、「さぁこれから鹿児島観光だー」と意気込むところですが・・・。

IMG_k6906.jpg
 えー、この写真じゃあまり目立たないかもしれませんが、雨っす。ものすごい雨っす。

 当初の予定では仙巌園は絶対に外せないということだったんですよ。
 でもさー。仙巌園って庭園だよ。
 この雨の中庭園歩きって・・・さすがにメリット無いでしょ。。。庭園からの桜島の風景もこれじゃ絶望的だし。

 というわけでBプラン発動。
 この雨による予定変更が、今回の鹿児島観光に恐ろしいまでの迷走と混乱を呼び起こすことに・・・。

 まずは市電&市バスの一日乗車券を買い、市電に乗ります。
IMG_k6909.jpg
 お。ユートラム来た。

 ユートラムを高見橋という電停で下車。
 ・・・あのさぁ、高見橋って鹿児島中央駅前の1つ先の電停だぞ?鹿児島中央の駅がはっきり見える位置にあるんだぞ?
 要するに、この男はただ市電に乗りたかっただけのようです(^^;;;

 川沿いを歩いて最初の目的地へ。
IMG_k6912.jpg
 最初の目的地となったのは鹿児島市維新ふるさと館。ここなら雨がどうとかは全く関係ありません(笑
 この維新ふるさと館ですが、鹿児島中央の駅から歩いて7分のところにあります。

 天の声「だったら歩いて行けよっ!!」
 ・・・すみません。一日乗車券を使いたくて・・・。
 ていうか一日乗車券も、そもそも仙巌園に行くことを想定して買うつもりだったんですよ。
 それがオジャンになったこの時点で一日乗車券を買った意味なんてほとんど無かったということなんですよね・・・orz

 維新ふるさと館は幕末期を扱った歴史博物館のようなもの。
 名前の通り明治維新の前後に活躍した偉人を紹介するなど、日本史をかじった身としてはなかなか面白い施設です。
 特に西郷隆盛や大久保利通などのロボットが登場するドラマ仕立ての展示は、立体的でかなり見応えがありました。
 ・・・あれ、プランBなのに結構楽しんでんじゃん俺。

 維新ふるさと館を出た時点で12時過ぎ。鹿児島観光の時間はあと2時間足らずです。
 そろそろお昼食べなきゃ~ということで市電で天文館へ。
 だって、天文館なら鹿児島の美味しい食事が食べられるお店が何かしらありそうじゃん。
 それよりも「一日乗車券の元を取りたい」というのが一番の理由なんですけどね(^^;;;

 しかし、これが繁華街の宿命なのか。目につくのは鹿児島グルメのお店よりも吉○家とか、赤字に黄色いMのマークのお店とか・・・orz
 ほとんど何の収穫もないまま、お昼の天文館をさまよいます。
 あ、雨はもうほとんど止んじゃってます(^^;;

IMG_k6934.jpg
 ま、「ユートラムⅡ」こと7000形が撮れたのは収穫か。

 ・・・いかんいかん。これは心の足しにはなっても腹の足しにはならんじゃないか。
 30分以上探してもいいお店は見つからず。ラマダンという最悪の可能性も出てくる中、とりあえず鹿児島中央の駅に戻ります。駅ビルのレストラン街に行けば鹿児島グルメを食べれるお店が見つかりそうだし。
 ・・・「お前は何のために天文館まで行ったんだ」なんて言わないでorz

 しかしこれがランチタイムの駅ビルの宿命なのか。どこのレストランも店の外に列ができていて・・・。
 時間に余裕が無くなってきた中、大人しく列に並んで飯を食う余裕なんてありません。

 結局レストラン街で食べるのは断念して、駅弁を買うことで薩摩昼食闘争は決着しました。
 決着したはいいけど、どうしてもスッキリした気持ちにはなれないなぁ・・・orz
 例えて言うなら、贔屓のプロ野球チームが監督のズンドコ采配のせいで負けた時とか、そういう感じです(←どんな例えだ
 まぁとにかく、ただモヤモヤ感だけが残ったってことですよ。丁度今の空模様みたいに。
 いやぁ~笑っちゃうほど迷走しまくりだ(涙

 せっかく鹿児島観光に来たというのに、このままただ漫然と時間を食い潰すだけの一日になってしまうのか!?
 いや、そんなことがあってたまるか。このまま終わるわけにはいかない。
 これからの挽回はこの列車に託すぞ!!
IMG_k6952.jpg



 四日目 その2
 三日目 その2

kako_127.jpg

 <あらすじ>
 三日目は日頃の行いが祟ってか地獄に落ちて・・・じゃなくて地獄巡りです。既に6つの地獄を制覇し、コンプまであと地獄2つです。



 残り2つの地獄ですが、海地獄などの地獄密集地帯からは微妙に離れていまして・・・。

IMG_k6797.jpg
 というわけでバスに乗って血の池地獄へ。燃えるような赤が特徴です。もちろんトマトジュースを入れているわけではありません(殴
 ・・・ていうか、ヘタレな写真を撮ってしまったせいでそんなに赤く見えませんが(^^;;;

 最後は血の池に隣接する龍巻地獄
 龍巻地獄は一言で言えば間欠泉。勢いよくお湯が噴出するのが魅力なアレです。
 しかもお湯が噴出する間隔も他の間欠泉に比べると短いそうで、これは期待が持てます。

IMG_k6810.jpg
 あれ、こんな写真が出てしまったということは・・・。

 実は龍巻地獄に着いた時、帰りのバスの時間まで10分となかったんですよ。
 つまり、地獄に入ってちょっと写真撮ってハイ撤収、ってこと。こんなんじゃいくら間隔が短くてもお湯が噴出するタイミングに巡り会えるわけありません。
 というわけでイメージ写真でご勘弁下さい(爆
IMG_k6817.jpg

 ちょっと微妙な終わり方のような気もしますが、これで地獄フルコンプ。こういうのはコンプリートした者勝ちなんですよ(キリッ

 当初の目的を達成したところでバスに乗って別府に戻ります。
 まぁ実際は亀川まで出てそっから電車に乗ってるんですけどね・・・。

 別府では昼飯のお時間。別府に来たからにはまずはとり天、というわけで駅前の食堂へ。
IMG_k6821.jpg
 とり天、サラダ、ご飯だけでなく、焼き魚まで付くという地味にボリュームある定食。味はまあまあでした。

 腹は満たしたものの、それでも次に乗る列車の時間まで30分以上ある。

 そうだ、温泉入ろう!

 というわけで駅前高等温泉へ。
 「あつ湯」と「ぬる湯」の2種類ありますが、ここは「あつ湯」に挑戦。
 ていうか、そういうチャレンジ精神というよりも、「ぬる湯」の温度がわが家のお風呂よりも低いもんだから(^^;;
 ていうか、「あつ湯」とはいっても実際にはちょっと熱いくらい。全く問題なく入れました。

 そして別府駅に戻ります。
 考えてみれば、地獄→とり天→温泉なので、つまりは別府観光のフルコースを満喫したってことですね。

 別府からは「ソニック21号」に乗車。終点大分まではすぐですが、こういう短時間乗車でも惜しみなく特急を使っちゃいます。
IMG_k6835.jpg
 この車内写真をご覧の通り、今度は「白いソニック」です。別府まで乗ったのが青い方のソニックだったので、丁度いい乗り比べになりました。

IMG_k6846.jpg
 大分で「にちりん15号」に乗り換え。
 車内はガラガラで、前の座席を回転して足を投げ出して座りました。

 1時間ほどで佐伯に停車。佐伯を過ぎると列車はいよいよ峠越え区間へ。
 この区間は普通列車が一日に数本しか運転されていないなど、日豊本線の中でも非常にローカルなところです。
IMG_k6857.jpg
 車窓もこんな感じで山の中。ここまで来ると亜幹線のローカル特急といった雰囲気がしますね。乗車時間は長いし、編成も4両と短いし。こういうのんびりした雰囲気はクセになります(もちろんいい意味で)。

 峠越えに入って1時間。列車は延岡に停車。延岡には数分停車するみたいですので・・・。
IMG_k6863.jpg
 留置線で寝ていたED76を撮影。
 九州は今回で三回目ですが、実はED76に関してはことごとく撮影機会に恵まれてなくて・・・。一回目の九州ではそもそも列車の撮影自体をそれほどしておらず、二回目はEH500ばかりをフライングゲットしてしまったもんですから(^^;;; ここでの撮影はある種の悲願でもあります。

 延岡からは車内販売が始まるようで。
 にちりん号の旅も3分の2が過ぎ、そろそろ小腹が空いてくる頃でもあります。
IMG_k6873.jpg
 というわけでこんなのを買いました。

 延岡を過ぎてからの車窓の見所といったらコレ。
IMG_k6875.jpg
 リニアの実験線跡。山梨の前はここで実験を行ってました。
 この実験線は宮崎方面でいうとほとんどずっと車窓左側に寄り添います。よって今座っている右車窓からの撮影チャンスはほとんど一瞬。

 こうして列車は宮崎に到着。3時間の乗車でしたが、長かったというよりは面白かったです。

 この日の宿泊地は宮崎。駅前の「リッチモンドホテル宮崎駅前」にチェックインします。
IMG_k6881.jpg
 お部屋はこんな感じ。キレイで、しかも広いです。
 今まで三畳間とかカプセルとかに泊まってきたから、余計に広く感じるのかもしれませんが・・・。
 実際にはこのホテルを選んだのは部屋の魅力というよりは、駅から近いからというのにあるんですけどね。

 一旦ホテルを出て、宮崎の街に出て夕食。
 宮崎といえばチキン南蛮。なので夕食ももちろんチキン南蛮です・・・って鶏ばっかりだな、今日の俺の食事(^^;;;
 とはいっても、お昼のとり天の時みたいに目についたお店にふら~っと入るわけではありません。あらかじめ調べていたお店に向かいます。
 それが「おぐら本店」。チキン南蛮発祥のお店で、宮崎のガイドブックには必ず載っている有名店です。
IMG_k6889.jpg
 そしてこれがチキン南蛮です。
 味はかなり良く、さすが名店といった感じ。特にソースが絶妙な口当たりでした。
 あと、プロ野球選手のサインが多く飾られていました。

 大満足でホテルに戻ります。
IMG_k6884.jpg
 その道中の街路樹は見事に黄色くなってました。3月なのに(^^;
 暖かい宮崎ですから、この時期はちょうど秋のような気候なのかもしれません。もしくは暖かいから落葉せずに残っているとか。

 ホテルに戻り、この日は11時過ぎに寝ました。



 四日目 その1
 三日目 その1

 最近旅行記ばかりで、プライベートなネタはここ1ヶ月近く書いていない。
 なので今日は久しぶりに日常編です。

 ・・・そう高らかに宣言したはいいんですが、何を書こうか(^^;;;

 まぁ最近は結構色々(ゼミだったりサークルだったり)活動してまして、そこそこ忙しい日々を送っています。
 なのでネタも結構溜まっている・・・はずなんですが、貧相な脳からはなかなか思いつかない(^^;;

 今日は丸一日オフでしたが、オフだと逆に何もしたくなくなるんですよね~。天気も悪かったし。
 なんか大学生2年目になって五月病というのが再発しているのかもしれません。無気力なのは明らかに五月のせいじゃありませんが。
 というわけで、相当な無気力状態で今記事を書いています。あぁ~こんな時間だし早く寝たい。

 ここで終わると「ネタが無いから逃げた」ということになるんで、最後にGW中に撮った写真を載せて逃走します。

IMG_2_0774.jpg
 どこで何をしたかは大体想像つくはずです(爆

kako_127.jpg

 <あらすじ>
 京都観光を終え、新幹線でいよいよ九州入り。福岡のカプセルホテルに宿泊し、翌日からの九州周遊に備えるのだった・・・。



 福岡の朝は早い。というわけでこの日は5時台に起床。
 博多から乗る列車の時刻が6時23分
 ホテルを出て地下鉄の中洲川端駅に着いた時刻が6時7分

 ・・・正直、結構ヤバい状況です(^^;;; 余裕ぶっこいていられません。
 どれくらいヤバいのかというと・・・。

 タイムリミットまで残り16分。中州から博多まで地下鉄だと所要時間は3分。
 博多での乗り換えを考えると、待ち時間が10分以内なら何とかなる。逆に10分以上だとアウト。福岡市営地下鉄のダイヤに賭けるしかありません。

 案内表示によると、次の列車は6時14分。これなら何とか間に合う!(ギリギリだけど)


 ・・・貝塚行きだったorz

 次の福岡空港行きは6時19分発でした。
 というわけで、九州周遊を始めて早々に乗り遅れ確定か?


 まだ終わっちゃいません。
 こうなったら奥の手。タクシーを拾います。
 幸いにもすぐに空車のタクシーが来たので飛び乗る。
 後は道路事情。朝早いからか道はそれほど混んでなく、信号待ちもさほどなかった。

 というわけで、乗車予定の列車には何とか間に合いました。

 ていうか、朝から綱渡りすぎるんですけど(^^;;; 旅先の朝は気をつけよう。

 それはそうとして、早速ソニック1号に乗車します。朝早いということもあってか、ガラガラでした。
IMG_k6532.jpg
 写真は小倉駅で撮影。ちょうど新鋭817系2000番台と並びました。

IMG_k6525.jpg
 車内はこんな感じ。
 一度リニューアルされているとはいえ、1995年登場でここまで近未来的なのはスゴいな。
 特徴的なヘッドレストもバッチリ写っています。でも、個人的にはリニューアル前の某ネズミーランドにも似たデザインの方が好きだったかな。

 小倉で進行方向が替わり、日豊本線に入ります。となると、そろそろあのネタが登場してくる頃ですかね・・・。

IMG_k6537.jpg
 ではご期待にお応えして。
 漢字で宇佐。ローマ字でUSA。つまりUnited States of America・・・という語呂(笑
 もちろん駅の雰囲気はホワイトハウス風じゃなく、きわめて日本的なものでした。
 もう使い古された感しかしないネタですが、この区間を通ったからには一度はやっておかないと。

 こうして列車は別府に到着。この日は別府観光をする予定ですので、ここで下車します。
IMG_k6541.jpg
 大分県は「おんせん県」として売り出し中のようですね。
 ただ、いくら別府に湯布院があるとはいえ、大分が「おんせん県」と名乗っちゃうと草津や箱根に怒られないか・・・?

 早速コインロッカーに荷物を預けますが・・・。
IMG_k6542.jpg
 全滅。

 ちなみにもう一つのコインロッカーの大半が故障中らしい。
 そこそこの規模の駅のコインロッカーで稼働率2割って、一体何が起こっているんだ・・・(^^;;;

 バスに乗って向かったのは、「海地獄前」というバス停。
 そう、これから地獄に落ちてきます。
 ・・・嘘です。別府観光のド定番の地獄めぐりをしてきます。というわけで共通券を購入。
 共通券は2000円ほど。なかなかの金額で、「こうなったら地獄をコンプリートしたい。取りこぼしは許されない」・・・なんていう変な使命感が。
IMG_k6553.jpg
 というわけでまずは海地獄からスタートです。

IMG_k6573.jpg
 海地獄。海のように青いから海地獄。
 涼しげな色をしてますが、実際は熱湯地獄です。人と地獄を見た目で判断してはいけません。
 ちなみに海地獄は一旦土産屋の中を通ってから地獄に入るという、面白い構造をしてました。

IMG_k6615.jpg
 続いて鬼石坊主地獄。灰色のお湯が坊主みたいにポコッと浮き出るのが特徴ですが、こういうのって写真を撮るタイミングが難しいんですよね・・・。ポコッと出た時に撮りたいですけど。

 続いて山地獄。地獄は地獄でも・・・。
IMG_k6645.jpg

IMG_k6670.jpg

IMG_k6672.jpg

IMG_k6681.jpg
 動物地獄なんですけどね。
 あと、山地獄の中のお店でゆで卵を買って食べました。地獄の成分が出てて、かなり締まった味でした。

 続いてかまど地獄。かまど地獄といったらコレでしょう。
IMG_k6699.jpg
 かまどの上で仁王立ちする鬼の姿はなかなか目立ちます。
 このかまど地獄で特筆すべきは番地がついていること。例えば、このかまどは二丁目にあたります。つまりこの鬼は二丁目の住人。つまり・・・(以下自粛
 あぁ、そりゃぁ別の意味で地獄だ(^^;;;

 ・・・って何を考えているんだろう、俺(^^;;;

IMG_k6707.jpg
 三丁目は足湯や飲泉が軒を連ねていて、商店街のような雰囲気。

IMG_k6728.jpg
 四丁目以降は赤や青の熱湯地獄があちらこちらに見られました。
 それらの熱湯地獄を見ている最中、地獄のまわりに人だかり。どうやら実験みたいなのが行われるようです。
 例えば、地獄の湯気に火気を近づけると、写真のように勢いよく湯気が噴き出しました。
 この実験、結構面白かったなぁ~。

 なんて地獄の凄さを見て楽しんでいると、時間が押しているのを忘れちゃいますね(爆
 ここでスケジュールの問題という現実に立ち返ってしまったので、もうここからはテンポを速くします。

IMG_k6748.jpg
 鬼石地獄。ワニ地獄だった。

IMG_k6770.jpg
 白池地獄。見た目熱さを感じない色。地獄よりも熱帯魚が印象的。

 ここまで地獄を見てきましたが、まだ2つ地獄が残っています。
 では、続きはまた次回のお楽しみ。



 三日目 その2
 二日目 その2

kako_127.jpg

 <あらすじ>
 二日目は京都散策。とはいってもほとんど無計画なのだから、どういう展開になるかは不安もある。そんな不安をよそに、祇園をスタート地点に銀閣・金閣・龍安寺と巡っていった。



 龍安寺の近くには妙心寺や御室仁和寺があるため、3ヶ所セットで観光するのがベター。
 実際、妙心寺にも仁和寺にも行けることは行けるんですが、結構時間が押している。そろそろゴール地点をどうするか考えなければならない。
 少し考えた結果、妙心寺と仁和寺は今回はパス!なんか勿体ないですが、この際仕方ない。
 ていうか、各所でのタイムロスを減らしていれば行けたんだけどな(汗

 次の目的地に行くには嵐電に乗ります。一番近い(と思われる)龍安寺駅に向かって歩きますが・・・。あれ、行けども行けども龍安寺駅にぶち当たらない・・・。。。
 しばらく歩くと嵐電の線路が見え、さらに駅も見える。そしてたどり着いたのが妙心寺駅。・・・どうしてこうなるんだか(^^;;; 完全に道に迷ったな(^^;;;

 まぁ何はともあれ、とりあえず嵐電に乗ります。
IMG_k6362.jpg
 写真は帷子ノ辻での乗換時に撮影。乗った車両はいずれも紫色のフツーの電車でした。。
 ていうか、左で寝ているレトロ電車を出せばよかったのに・・・、なんて思うのは鉄道好き観光客としては仕方のないことです。

 嵐電で終着の嵐山まで行き、向かうは天龍寺
 あそこの庭園の景色がめっちゃ綺麗ということで行ってみた次第です。
IMG_k6396.jpg
 うん、悪くない。確かに悪くないんだけど・・・。なんか思ったほどじゃなかったかな・・・。。。
 でも、池の鯉はやたら元気で、水面から跳び上がる鯉もいました。

 天龍寺からの帰り道。来た道を戻るという堅実な手をなぜか使わずに、一番最初に目についた出口から出る。
 で、結局道に迷いかける。。。

IMG_k6417.jpg
 まぁでも、嵐山の竹林を歩けたのは怪我の功名ってことで。
 訪日観光客の姿も多く見かけるこの竹林。今回はぶっちゃけ体験入店みたいな感じでしたが、いつか奥の方まで散策してみたいものです。

 こうしてどうにか嵐山の街に舞い戻ってきました。怒涛の無計画京都散策もいよいよ終盤。
 ・・・ん。待てよ。何か忘れていませんか・・・!?
 思い返してみると、今まで深く考えずに京都を散策してきたせいか、観光や移動にほとんど時間を割いてしまっている。
 そうなると、つまり・・・。まだ昼食を食べてないんですよ(^^;;;
 やはり無計画だと、どうも飯とかがおろそかになってしまうんですよね、自分の場合。
 でもさすがにラマダンは避けたい。幸いにも少しだけ時間に余裕ができた。

 というわけで、嵐山駅(嵐電の)構内で昼食を食べていくことにしました。

IMG_k6428.jpg
 遅めの昼食はたぬきうどん。関西だと油揚げが入っているうどんを「たぬきうどん」と言うらしいですよ。
 腹を満たしたら再び嵐山の街歩き。抹茶アイスが売りの甘味処もチラホラ見かけますが、昼食後だし、ぶっちゃけ昨日のスパゲッティで「抹茶はしばらくいいや・・・」って感じだし・・・。ということでスルー。
 渡月橋を渡って京都観光の締めとしました。
IMG_k6435.jpg
 こうして阪急嵐山駅に到着し、今回の京都観光は無事ゴールを迎えました。

 ・・・ふぅ。やっぱり無計画で京都というのはなかなかキツかった・・・。。。
 振り返ってみると、結構バタバタしていた感じだったし。
 無計画とはいっても、京都観光の場合はガイドブックを見ながら「あ、次ここ行こー」という感じが一番効率的なんでしょうね。

 嵐山から阪急電車に乗り、わずか10分足らずで桂に到着。
 京都線のホームに行くとちょうど特急梅田行きが来たところでしたが、乗らずにスルー。2分後に入ってくる「アレ」を待ちます。
IMG_k6461.jpg
 というわけで「京とれいん」に乗車。この列車に乗るために帰りを阪急経由にしたというのは言うまでもありません。
 車内の雰囲気も豪華で(阪急の車両は元から豪華な雰囲気なんだが)、案内放送もハングルや中国語に対応していて、観光列車の要素を豊富に含んでました。

 そんな「京とれいん」を淡路で降り、西中島南方経由で新大阪へ。
 ここで預けていた荷物を回収。そう、これが朝にわざわざ新大阪に寄った理由。つまり大荷物を預けるためだったんです。長旅だとこういうのも大事になってきます。

 
IMG_k6477.jpg
 新大阪から乗車するのは九州新幹線に直通する「さくら567号」。これでようやく一路九州へ向かうわけです。
 そしてこの列車に使用されている九州新幹線直通用のN700系ですが、とにかく車内が素晴らしいわけです。
IMG_k6468.jpg
 指定席は2列+2列でかなりゆったりしています。座席が大きく、足元も広い。正直指定席としては破格のグレードではないでしょうか。
 ここまでくると、「山陽新幹線で『のぞみ』の指定席に乗るのは勿体ない」というのが何となく分かる気がします。

 ちなみに今回の旅で使用した周遊きっぷですが、実は出発地点を「大阪市内」としているんです。
 「関東人が何面倒くさいことを・・・」なんて思われるかもしれませんが、そこはまぁ気にせずに・・・(^^;;;
 それは九州に行く前に色々な名所に行きたかった、というのもありますが、出発点を「大阪市内」とした方が「さくら」に乗るには都合がいいかな、と思ってのことです。
 ていうか、もう一つ重大な理由が隠されていますが、それは九州からの帰りに取っておきましょう。

 半分くらいの乗車率で列車は新大阪を発車。夕方へ向かっていく山陽路を順調に走ります。

IMG_k6494.jpg
 快適な座席に身を委ねていると、気がつけば列車は広島到着寸前。ということで左車窓にマツダスタジアム(通称:ズムスタ)が見えてきました。
 カープの本拠地として有名な球場ですが、線路沿いに建てられているという点がなかなか面白い。鉄道と球場がまとめて見られるのって(しかも新幹線の車窓から)、全国でもここくらいじゃないかな。

 博多に着く頃にはもう既に夜になっていました。ここで下車します。
 2時間半以上は乗ってましたが、疲れを感じさせないほど快適でした。・・・快適すぎて荷物忘れそうになりましたが(^^;;
IMG_k6506.jpg
 800系新幹線が停車していたのですかさず撮影。

 さぁいよいよ九州だ。・・・なんてモチベーションが高まるところですが、実はこの時ちょっとトラブってしまって・・・。。。
 結果的には大事にならずに済みましたが、この事でちょっと精神的に下り坂となりました。旅先でもガラスのハートです(^^;;;
 ちなみにトラブルの内容は恥ずかしくて言えません(苦笑

 そういうわけで予定より1時間ほど遅れて地下鉄に乗り、中洲へ。この日宿泊するホテルに向かいます。

IMG_k6510.jpg
 見ての通りカプセルホテルですけど。
 宿泊代を安く抑えられて、お風呂もついているので、こういうカプセルは結構助かるんですよ。
 カプセルに泊まるのは生涯二回目ですが、前回泊まったカプセルよりはいかにもカプセル~な感じでした。

 ホテルを一旦出て夕食にします。
 福岡名物といえば屋台。前回の北海道旅以降やたらと屋台に行きたくなった自分としては、福岡の屋台には行ってみたいところ・・・なんて思うはずでした。
 しかし疲れが溜まっているせいか、屋台を探す気力が・・・。。。
 結局ホテルの向かいのお店で済ませちゃいました。それでも博多ラーメンを食べて、最低限福岡グルメは味わいました。

IMG_k6519.jpg
 食後は中州の街をちょっとだけ散歩し、風呂入ってから寝ました。



 三日目 その1
 二日目 その1

プロフィール

hayatenowind

Author:hayatenowind
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。