気まぐれ雑記帳

鉄道のことはもちろん、日々の生活の中で感じたことなどをマイペースに書いていきます。新コーナーも続々登場予定!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 大阪の時のレポートが完成しないまま、後期の授業開始を迎えてしまった・・・。

 他にも溜まっているネタはあるのでそれらを消化するのが先だとは思いますが、授業も始まったことだし、久々に日常ネタを。

 新学期が始まって数日。夏休みの間に乱れきった生活リズムを戻すのは難しい・・・って今回取り上げるのはそこではありません。
 後期になってチラホラと新しい授業を取っているんですが、中にはテキストが必要な授業もあります。
 そして、そのテキストが結構値段張るんですよ・・・(^^;;;

 一応それなりに軍資金は持っていってはいるんですが、それでも財布へのダメージが半端ない。
 というわけで・・・。

 テキストとかって必要な分だけ一気に買った方が効率がいいというのは分かっているんですよ。分かっているんですけど・・・。
 そうすると予算オーバーになるため、すぐに必要だと思われるテキスト(=その日ある授業のテキスト)だけ買って、その他は後回し中です(^^;;
 なので明日も大学内の本屋通いです・・・。


 ・・・どーでもいいような小ネタを無駄に長く書き上げる。かつてのこのブログのスタンスを復活させてみた今日の記事でしたとさ。
スポンサーサイト

 サークル旅行の最終日となる三日目は初日と同じグループで大阪観光です。
 その行き先ですが、旅行前の打ち合わせで万博記念公園と海遊館の二択に絞られた結果、万博公園になりました。個人的には海遊館の方が行きたかったんだけどなぁ~(^^;;;
 万博記念公園も「いつか太陽の塔見てみたいな~」という点で悪くはなかったんですが、何もこんな炎天下の中行くことは・・・(汗 と、モノレールを降りた直後に思うのでありました。

 そんなわけで万博記念公園に到着し、入園券を買って中に入ると・・・。
IMG_1_0981.jpg
 早速ヤツがお出迎え(笑
 写真だと分かりづらいと思うんですが、予想以上にデカかったです。
 それにしても、結構な変顔を見せてくれてますな(笑

 太陽の塔を見た後は公園内にある国立民族学博物館へ。
 世界各地の民族が使用している道具や衣装などが展示されていて、結構面白かったです。
 ただ、あれだけ様々な世界の文化を彩る展示物を見といて、一番面白かったのが発音をテストする機械だったというのは・・・(^^;;
 しかも機械に向かって日本語を発音したのに「測定不能」とか(爆 とうとう機械にまでナメられるとか、どうなってるんだ自分・・・(^^;;; これは能力値の低さだけで片付く問題じゃないはず

 そんなわけで民族学博物館の見学が終わったら万博公演を後にしました。
 その後は来た道を戻って地下鉄のなんば駅へ。もうここまで来たら後は他のグループと合流して荷物を取りにホテルに戻るだけ。



 ・・・・・・・・・のはずだったんですが・・・。


 いざ地上に出てみると、規格外の土砂降りOTL
 そのせいで身動きが取れないグループもあり、合流の目途が全く立たないという事態に。自分のグループもホテル行きはとりあえず中止し、地下で避難することになりました。
 まさかこんなことになってしまうとは、参ったな・・・orz なんて困ってしまうのは、帰りのルートに関係があります。

 サークル旅行解散後の帰路は、夜行バスとか新幹線とかを使う人が多いわけですが・・・。
 自分は行きに18きっぷを使って大阪入りしているため、帰りも18きっぷです。つまりは延々と鈍行乗り継ぎ。
 しかも、鈍行乗り継ぎでその日のうちに帰京するというルートを組んでました。今思えばかなり無謀ですよね(^^;;;
 解散時刻は予定なら3時。こんな時間から鈍行で帰るんですから、予定通りの時間に解散して、解散後すぐに大阪を発って、その後ダイヤ乱れに引っかかることなく行ければ終電で何とか帰れる。
 つまり相当カツカツな行程。少しでもアクシデントが発生したらその時点でジ・エンドです。
 というわけで、外で豪雨が猛威を振るっているこの時点で既に当日中に帰宅することはほぼ絶望的になっていたんですが、この時はまだはっきりと認識できずでした。

 グループ内ではこの後どうするかという話になってました。その結果、全員の合流は諦めて、帰宅に急を要する人(=18きっぷを使って帰る人)を先に帰すという結論に達したとか。

 というわけで、同じく18きっぷで帰るという友人とともに、なんば駅を発つことになったのでした。
 この豪雨の中大変な思いをしているグループもいるのに、何だか申し訳ない気持ちですが・・・。。。

 大分間が空いてしまいましたが・・・。先月の大阪旅行のレポートの続きです。


 2日目はグループ別行動。自分のグループは9時集合でしたが・・・。
 目が覚めて時計を見ると、時刻は既に8時52分


 ・・・。

 ひぇぇぇぇぇ~~~(^^;;;

 朝から慌しいですね(^^;;
 朝食?この状況でそんなの食べる余裕がどこにあるんですか(汗

 そういうわけでホテルを出発。この日のグループ別行動では神戸へ行くグループもありました。
 そんな中、自分のグループは当初はUSJに行く予定でした。
 しかし、「USJやっぱ高いよなー」とか「やっぱ混んでるよなー」とか色々な理由があり、キャンセルが出たことから予定変更。そして向かったのは・・・。

IMG_1_0850.jpg
 奈良。しかも法隆寺です。
 五重塔やら所蔵されている仏像やら色々見てきたんですが、どれも撮影禁止でした。
 まぁ五重塔くらいは撮影したんですが、ここに載せるのは控えておきます。

IMG_1_0893.jpg
 あ、法隆寺への行き帰りに通った松林は印象的だったな。

 炎天下の中法隆寺の駅まで歩き、JRで奈良へ。近鉄奈良駅近くの蕎麦屋で昼食を食べた後は・・・。

IMG_1_0904.jpg
 当然のことのように鹿がうじゃうじゃ生息している公園に行くわけで。
 ここまでは(一部を除いて)グループ行動でしたが、ここからは自由行動。なので・・・。


IMG_1_0944.jpg
IMG_1_0965.jpg
 大仏を見たり春日大社に行ったり。オーソドックスな奈良観光ですね。
 (個人行動ではなく、男3人で行きましたが)

 そして5時過ぎに再び合流。興福寺の阿修羅像を見に行くということになっていました。

 が・・・。
 既に閉まってて見れませんでしたというオチ(苦笑

 そんなわけで近鉄奈良駅に戻り、大阪へ戻ります。
 しかしそこにゲリラ豪雨が襲来。大丈夫だったのでしょうか。
 
 電車がちょっと遅れたくらいで、ほとんど何も被害受けずに大阪着きましたけど。

 全体的に合流した後は夕食。この日は大阪らしく串カツでした。

 こうしてホテルに戻りました。
 大阪最後の夜ということで深夜には飲み会があったようです。しかしどういうわけか、自分は参加せず。こういうの好きなはずなのに。


 ・・・結構あっさりと終わっちゃいましたね、2日目のレポート。文章も手抜きだったし。
 まぁこの日は色んな意味で大人しかったですから。その分翌日は(中略)だったので、「嵐の前のなんちゃら」という感じでしょうか。

 というわけで3日目に続きます。

 少年よ神話にn(以下自主規制



 ・・・のっけからパクリってどういうことじゃ(笑
 それはともかく、ようやく先月のサークル旅行の記事を書けます。
 サークル旅行から帰還した直後に書いた記事によると、かなり大変な目に遭ったそうです。では「大変な目」というのはいかほどのものなのか。今回のサークル旅行のレポートは、その辺りに注目するとより一層楽しめるんじゃないかと思います。というわけで本編スタート。


 宿泊先から阪神電車で集合先のなんばへ。集合場所がJR難波駅だったので、大阪難波の駅を降りてから歩きました。距離はそんなにありませんが、それでもバカでかい荷物を持っている身には・・・(^^;;;
 しかもその後集合場所が変わったとかでまた歩いたし。。

 そんなわけで集合場所に到着。人数が集まったら2泊するホテルに移動。ここに荷物を預けます。
 その後はグループに分かれての班別行動。自分の班は道頓堀から大阪城へ向かうみたいです。

IMG_1_0739.jpg
 で、道頓堀の写真なんですが・・・。
 この時、実は道頓堀のメインストリート(例の巨大なカニがいる所)を歩いていることに全く気付かなかったんですよね・・・。写真もただ単に「大阪らしい光景だな~」ってなわけでシャッターを押しただけ。
 実際、「あ、ここ道頓堀だ」と気付いたのは、タンクトップ姿のおにいさんが両手を挙げている某有名お菓子メーカーの看板を見た時だからね(笑

 アーケード街をしばらく歩き、心斎橋から地下鉄を乗り継いで森ノ宮へ。
 ここからが結構遠くて、大阪城らしい景色が見えるまで20分近く歩きました。しかも大阪は相変わらずの猛暑。城を見る前に体力がものすごい勢いで削られていきます(^^;;;
 そしてやっとのことでたどり着いた大阪城・・・。
IMG_1_0767.jpg
 ・・・・・・・・・のお堀(^^;;;
 この後さらに5分歩きました。疲れはもうピークになっていました。

IMG_1_0777.jpg
 それでも大阪城の姿を見れば気力が戻ってくるんですね。不思議なものです。

 ここまで来たら、やっぱりねー、中入らなきゃ勿体ない。というわけで班行動は大阪城の中へと続いていくのでした。
 まぁウチの班は全員が大阪城の中に入ったわけじゃないんだけどね。。

IMG_1_0822.jpg
 展望台からの風景。黒くてのっぽなビルの透明感が印象的。

IMG_1_0829.jpg
 展望台の下は博物館みたいになっていて、もちろんそこにも行きましたが、写真はこれだけ。
 関ヶ原の合戦の時の武将を紹介したスペースですが、それにしてもこの顔(爆
 「これ見ると、歴史ゲームの(真田)幸村とかの顔って相当デフォルメされてるのが分かるよなー」という話になっていたのを今でも覚えています。
 (その幸村氏は真ん中に写ってます)

 こうして大阪城を出た後の班行動を記していくと・・・。
 天満橋の近くのお店で遅めの昼食。
 道頓堀に戻って法善寺に寄る。
 他の班と合流するまでなんば周辺大きな通りのベンチで2時間近く休憩。

 ・・・あれ?何かおかしいな・・・。なんて思わなかった自分は呑気すぎるんですかね・・・。
 いくら班の中でお疲れムードの人が何人かいたとはいえ、いくら中途半端に時間が余ったとはいえ、旅先で1時間以上も何もせずに過ごすって。。。
 一応その間にベンチを離れて近辺へと行くことはできたんですが、なぜ積極的に他の場所へと行かなかったんだ自分、と今となっては思います。(お土産の物色くらいはしたわけなんですが)
 近くにはブック○フもあったのに・・・。。。


 こうして2時間近く経った後、他の班と合流して夕食です。
 大阪といえばたこ焼きやお好み焼き・串カツが有名なグルメ都市。さぁ~て、どんな大阪らしいウマい飯が登場するのかな、と読者に期待感を持たせつつ、この日の夕食。



 すき焼き。

 アメリカ風に解釈すると上を向~いて♪ですね(殴


 ・・・大阪関係無いじゃんか(爆

 いやいや、聞いたところによると、結構いいお肉を提供しているお店みたいです。
 しかもお肉食べ放題。白飯もポテトも唐揚げも食べ放題。ハーゲンダッツも食べ放題。ドリンク・・・・・・・・・は終始お水でしたが(^^;;
 そういうわけで、色んな意味でおいしいお店での夕食です。

 早速お肉が出されて食べ放題タイムが始まりますが、自分のテーブルが男4人だったというのが運の尽き(笑
 火力は最大に。
 鍋の中にお肉ドバーッ。
 焼き汁でお肉が見えなくなると、またお肉ドバーッ。
 その間野菜全く入れず。つまり鍋の中身10割が肉。
 驚異的なペースでお肉の皿2枚目突入。
 大量の肉を入れすぎたせいか、鍋の中はアクがたまり放題。
 鍋の底辺に残された肉はカッチカチ。


 ・・・もはやグダグダ。調子に乗りすぎ。これがすき焼き男道。
 見るに堪えない光景だったからなのか、挙句の果てには店員に火力を下げられるし(爆


 それはそうと、昼飯も大した量じゃなかったので、ここは食べ放題の特権を生かして食いまくるのみ。
 ただ自分の場合、食べ過ぎるとその一部をお口からフィードバックしてしまう(殴)というリスクがあります。そういう意味で自分、サークル内では「前科持ち」として知られてますし。
 しかも食べ放題にテンションが上がったのか、この男は肉を食う前にご飯やらポテトやら唐揚げやらを結構な量取って来たし。そっちの処理もしなければいけません。
 そこにハーゲンダッツも加わってくるという状況。終盤になると胃袋が限界に達してきて、気合で食べ物を口の中に入れるようになってきました。
 「もうここで止めとけ」とか、何度も言われましたよ。でも、ここで完食しなければ男じゃない!と変なところで男を見せようとしています(笑
 それに、ここで完食すれば新たな伝説を作れる!という奇妙なモチベーションで食べ進めていきました。
 もちろん完食しても後で粗相を犯せば伝説が台無しになるどころか、新たな黒歴史が刻まれます。

 食べ放題の終了時間も迫ってきた頃、やっと完食!
 結局その後胃袋に入った肉その他をリバースすることもありませんでした。
 ということは、俺、伝説を作ったんだ!
 (今まで敢えてツッコみませんでしたが、それはそれはスケールの小さい伝説だこと)

 そして完食した後「食後のデザート」とか言ってハーゲンダッツを取ってきた頃には、自分が別種の生物にまで思えてきた(笑


 こうして満腹どころじゃないレベルにまで腹が膨れ上がった状態ですき焼きの店を後にして、宿泊するホテルへ。
 3人部屋でしたが、驚くほど広かった。

 風呂とブログ更新を済ませて、0時頃の就寝で1日目は終了しました。

プロフィール

hayatenowind

Author:hayatenowind
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。