気まぐれ雑記帳

鉄道のことはもちろん、日々の生活の中で感じたことなどをマイペースに書いていきます。新コーナーも続々登場予定!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 えーと、まぁアレですね。

 ぜんぶ雪のせいだ。

 というわけで大人しく旅行記を進めます。



kako_127.jpg

 <あらすじ>
 長旅も残り二日となった九日目。北陸路をさらに上り、金沢で途中下車。ひがし茶屋街→兼六園と、金沢観光の定番コースをたどる。



 金沢城公園石川門をくぐり、とりあえず色々散策してみます。どうするかは細かく決めてませんが気にしない。

IMG_bra9236.jpg
 石川門の反対側にまわりこむと菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓が姿を現します。背景があっさりしているところがこうポイント。

 ついでに中にも入ってみました。
IMG_bra9255.jpg
 あらやだ、がらんとしている。
 武器を保管する倉庫の機能があったそうですが、倉庫というよりは巨大な廊下という印象です(^^;;

 ちょっと駆け足ですが、金沢駅に戻ります。
 ちょうど兼六園シャトルが来るあたりのタイミングでバス停に行きましたが、一向にバスが来ない・・・。。。これが循環バスの悲しき性ってことなんでしょうか。
 先に金沢周遊バスが来たのでそちらに乗ります。
 どっちにしろ金沢駅には行くんだからいいでしょ、なんて思っていたんですが、実はこれがちょっとしたミスを招くことに・・・。
IMG_bra9267.jpg

 まずは兼六園シャトルの写真を出してみましょう。
IMG_brag3816.jpg
 そして先ほどの金沢周遊バスと比較してみましょう。

 【兼六園シャトル】
 ・普通の路線バス。だから広い
 ・香林坊とかは経由するけど、基本的に兼六園直行。だから早い
 ・1乗車100円。だから安い

 
 【金沢周遊バス】
 ・見ての通り小型バス。だから狭い
 ・武家屋敷とかの近くとかも周遊するし、小道も走る。だから遅い
 ・1乗車200円。だから高い


 つまり、単純に金沢駅に行くんだったらどの面においても兼六園シャトルの方が勝っているわけで・・・。。。
 しかも、乗車した金沢周遊バスの直後に兼六園シャトルがようやく来るという有様ですorz
 こうなればどっちに乗ればいいかは一目瞭然。乗車中はこのような判断ミスをした自分を心の中で責めまくりました(涙

 というわけであまりスッキリしない気持ちのまま金沢駅に到着。

IMG_bra9278.jpg
 こちらの普通列車に乗ります。車両は413系と455系の混血という何気にネタ編成に当たりました。
 ここは急行型の455系に乗っておきたいところでしたが、席が埋まっていたので413系の方に乗り込みます。

 金沢駅を発車したところで昼食。
 当初は金沢駅の駅ナカとかで食べる予定でしたが、色々あって時間なくなったので駅弁です。
IMG_bra9285.jpg
IMG_bra9286.jpg
 北海道・東北だけでなく、実は北陸も海鮮系の駅弁は当たりが多い。味はなかなかでした。

 富山で直江津行きに乗り換え。
IMG_bra9294.jpg
 青塗装自体は初撮影・・・ってまた413系かい。まさかの二連続。
 これで今回急行型に乗るチャンスは無くなりましたorz 413系も悪くはないんですが、乗り鉄的には急行型に乗ってみたかったなぁ~。

 席を確保した時点で発車まであと10分ちょっと。
 「そうだ、発車までの間に地鉄撮りに行こう」
 10分しかないんでしょ?随分と無謀なことを思いついたものです。それにJRの富山駅と電鉄富山駅は若干離れているし。
 でも何とかなるでしょ。ちょっと走れば。

 というわけで急ぎ足で電鉄富山駅へ。富山駅は駅改良工事中だったためか、思ったより遠く感じたような。
 時間もないので、ここでちょっとしたルールを定めます。
 改札の外からホームの様子を見て、ネタ列車が来ていたら切符を買って改札内へ突進、来てなかったら即行富山駅に戻る。つまり一発勝負です。
 持ち時間は3分程度。それだけの時間ではそこまでいいネタ列車が撮れるとは思えない気もしますが、結果は・・・。



IMG_bra9313.jpg
 誰だ「3分じゃいいの撮れない」って言ったのwww

 左に京阪特急色、右にアルプスエキスプレス。地鉄が誇る2大ネタ列車がまさかの共演です。
 この光景を前に、一目散に切符を買って改札を通ったのは言うまでもありません。

 車両単体でも撮影します。こちらはアルプスエキスプレス。元西武レッドアローの観光列車です。今度はぜひ乗ってみたい。
IMG_bra9300.jpg

IMG_bra9310.jpg
 こちらは元京阪(旧)3000系の京阪特急リバイバル色です。本家から姿を消し、先日大井川鐡道からも引退したようなので、(旧)3000系の姿を見れるのはここだけになってしまいました。
 本家では特急運用以外では鳩マークを外すと記憶していますが、ここでは普通列車でも鳩マーク。そもそもマーク自体固定されているようですし。
 今は本家で運用を外れたダブルデッカーを持ってきて観光列車として走っているようです。

 というわけで富山地鉄の撮影は以上。ていうかどう考えても3分で撮れるもんじゃないでしょこれw まさかここまでピンポイントで来るとは。
 あ、先ほどの直江津行きの列車には間に合いました。

 一気に飛んで直江津駅。ここからはこちらの列車に乗ります。
IMG_bra9337.jpg
 18キッパーにはおなじみの快速「くびき野」。車両も停車駅も特急「北越」とほとんど変わらないところに魅力を感じます。
 見たところ座席部分が嵩上げされてたりと車両のグレードが1段階高いグレードアップ車が連結されていたので、その車両に乗車します。
IMG_bra9341.jpg
 2時間ほど揺られて新潟駅に到着。九州からやって来たせいか、ここまでくると東京からあまり遠く感じないのが不思議です。
 この日の移動はこれで終了。今回最後の宿は新潟駅前のビジネスホテルです。



 十日目 その1
 九日目 その1
スポンサーサイト


kako_127.jpg

 <あらすじ>
 東尋坊を命がけでハシゴした後、芦原温泉をハシゴして汗を流す。夕食は屋台をハシゴした。そしてハシゴを外されることなく福井市内のホテルに身を寄せる。



 自分史上最大の長旅も残り2日。北陸路を上る前にちょっとしたミッションです。
 その狙いは、福井電鉄の旧型車。路面電車じゃないヤツね。
 車両自体は前に撮影したことありますが、あの時は越前武生で休んでいる姿だった。今度は福井市内を走っている勇姿を見てみたいんですよ。道路を堂々と闊歩する普通サイズの鉄道車両は絶対に迫力あるはずだから。

 主に朝ラッシュに走っているみたいですが、この日は土曜日。どうなのか。

IMG_bra9003.jpg
 ミッション失敗。
 そうそう上手くはいかんよな、と開き直って福井駅に向かい、普通列車に乗車。

IMG_bra9006.jpg
 えちぜん鉄道の元阪神組が車窓から見えました。近いうちに新型車両(とはいっても元は飯田線の・・・)に置き換えられて引退するとは思いますが、今どうなっているんでしょうか。去年のイブに1両がひっそりと運行終了したのは聞いてますが・・・。

 1時間ちょっとで金沢に到着。
IMG_bra9007.jpg
 写真のレトロ調バスに乗って金沢観光の第一歩を踏み出します。

IMG_bra9011.jpg
 この突き当たりの先に本日最初の目的地があります。
 というわけでひがし茶屋街に到着。こういう歴史ある町並みにはグダグダした説明は不要だと思うので、写真攻勢でいこうと思います。
 ・・・というのは表向きのハナシ。実際にはこの当時の記憶は細かい所まではほとんど残ってないんですよね。。。
 それは無理もない。なんせもう1年近く経つんだから。先延ばしにした責任はちゃんと取らなければいけません。


IMG_bra9054.jpg
IMG_bra9041.jpg
IMG_bra9079.jpg
IMG_bra9058.jpg
 写真を撮りまくるだけでなく、実際に茶屋に入ってお茶を頂くという慣れないこともしちゃいました(^^;;
 この辺りは江戸時代は芸者遊びで栄えていた、夜の街みたいな所でしたが、今も夜になると芸者遊びが行われている模様。自分もいつかは芸者遊びを嗜む粋な大人に・・・・・・って言ってみたけど全然イメージできない(^^;;;

 それはそうと、建物の趣といい、丁度いい道幅といい、かなり完成度の高い歴史的街並みだと思います、ひがし茶屋街。

 ひがし茶屋街を後にして乗ったバスから面白いのが見つかりました。
IMG_bra9093.jpg
 この看板の言う通りに兼六園まで行く人いないだろwww
 というわけで次の目的地は兼六園です。

IMG_bra9122.jpg
 まずはド定番アングルから。
 実は兼六園には4年前にも訪れていたりします。あの時も微妙に曇っていたし、デジャヴというやつじゃ・・・。

IMG_bra9168.jpg
 でもこういう写真は前回は撮っていなかったはず。
 これもカメラの性能アップが成せる業です。

IMG_bra9182.jpg
 茶屋もありました。前回はここで小休止した記憶がありますが、さっき茶屋街の暖簾を通ったばかりなので今回はパスです。

IMG_bra9190.jpg
 何となく良さそうだから撮った。

IMG_bra9197.jpg
 先ほどの定番アングルの反対側。

IMG_9097.jpg
 これで兼六園散策は終わりですが、今回はこちらも訪れます。隣接する金沢城公園。
 ていうか、このアングルの写真は平衡感覚がおかしい写真ばっかりなんだよな・・・(^^;;; 何でだ?



 九日目 その2
 八日目 その2


kako_127.jpg

<あらすじ>
 大阪から電車とバスをひたすら乗り継ぎ、たどり着いたのは福井を代表する名所にして日本海屈指の名勝、東尋坊だった。



 東尋坊の特徴的な岩が織り成す圧倒的なスケールを前にすると余計な解説はさらに余計になる。というわけでしばし写真攻勢をお楽しみください。
IMG_k8727.jpg

IMG_k8911.jpg

IMG_k8822.jpg

IMG_k8931.jpg
 もっと腕があればこのスケールの大きさを表現できる写真が撮れるんだが・・・(^^;;;
 東尋坊は写真を見て楽しむよりも実際に訪れる方が魅力が伝わりやすいってことかな。

 そしてこの東尋坊。スゴいのは観光客がどこにでも入っていけるということ。つまり安全に関しては自己責任です。
 一歩間違えれば永遠に戻ってこれないという危険性もありますが、そういうリスクも含めて面白いところ。自分も崖を登ったり、岩と岩の間を跳んだり、あっちこっち冒険したり・・・。

IMG_k8744.jpg
 もちろん崖の先端までも行ってサスペンスの殺人犯みたいなシチュエーションを体験してきました(違

IMG_k8745.jpg
 そして崖の先端から真下を撮影するというちょっと無茶な行為も。
 落ちたら楽に死ねるほどの高さ。さすがに怖かったですが(汗
 さらに調子に乗った男は、崖の先端に座って海を眺めるw
 涼しい表情ではあったものの、足は震えてました(笑 そして30秒でギブアップ。チキンなのかアグレッシブなのかよく分からん男だw

 2時間近くの滞在の中で、帰りのバスの時間ギリギリまで東尋坊を満喫。そして芦原温泉へ移動。

 あわら湯のまちの駅でこんなものを購入しました。
IMG_k8972.jpg
 湯めぐり手形は芦原温泉の温泉旅館の温泉のうち3ヶ所に入れるという優れもの。これを片手に温泉巡りです。
 まず最初に向かったのは・・・。

IMG_k8974.jpg
 どう見ても温泉旅館じゃないw いやいや、セントピアあわらも手形使えるんですよ。
 温泉というよりは公衆浴場みたいな感じで、地元の方の利用が多かったです。温泉そのものもなかなか良かったです。

 続いては清風荘。普通に宿泊すると1万くらいする高級旅館です。
IMG_k8979.jpg
 その証拠なのか、温泉に向かう途中にはなんと橋。こういう場所にも普通に入れる手形には「さすが」と言いたくなります。実際には日帰り入浴もやってる旅館ですが。
 こうして入浴。特に庭園露天風呂は圧巻で、美しい風景を見ながらゆったりとした気分で時間を過ごせました。

 これで芦原温泉めぐりは終了。
 天の声「2つしか温泉入ってないじゃないか」
 ・・・あ、コイツの存在すっかり忘れてた(爆 じゃぁお詫び代わりに言わせてもらいますけど、3つも入れるほどの時間はないですし、そもそもこれで元取れてんだからね‼
 こんな寒いコントしてたらせっかく温泉に入った意味ないじゃんwww

 夕飯は芦原温泉近く・・・・・・の屋台村で食べます。すっかり屋台村にハマってしまった自分です。

 ・・・あれ。あれれ。
 人いねぇーーーーー!!!

 さすがに入る時間が早すぎただけのようで、時間が経つごとに各屋台ともにポツポツとお客さんで埋まっていきました。その一角にある中華料理のお店でご一緒した3名ほどの方と色々話し、屋台村の醍醐味はとりあえず味わいました。「屋台村に入った意味www」という事態は無事免れました(^^;;;

 そろそろ福井に撤収。あれ、帰りの列車は、行きのとなんか違うような。気のせいかな・・・。
IMG_k8991.jpg

IMG_k8994.jpg
 ごめん、気のせいじゃなかった。
 見覚えのある骨格の座席が並びます。そう、この車両の元の姿はJR飯田線で活躍していた119系。飯田線時代はついに乗車は叶いませんでした。
 撮影当時はこの地にデビューしてから二ヶ月と経ってないという、まさにできたてホヤホヤの新車。・・・正確には中古車ですが、内外ともに新車並みにリニューアルされていて綺麗です。

 夜の地方私鉄。しかも方向的に帰宅ラッシュとは無縁。車内はガラガラどころか貸し切り状態でした。
 ピッカピカの車内にいるのは俺一人。・・・旅先の夜というのも相まってなんか不思議な感じがしますw

 こうして貸し切りのまま列車は福井に到着。駅から10分ほど歩いたところにあるホテルに投宿しました。

 皆さんは、覚えていますでしょうか?


 九州旅の旅行記のことです。
 面倒くさがりな性格が災いして、いつの間にか更新が止まってしまいました。そして「さすがに大丈夫だろ」と思われていた年内での完結すらも難しい状況になってしまいました。
 要するにお蔵入り一歩手前。さすがにこの状況のままだと色々まずいので、今日から更新再開いたします。

 とは言ってももう8ヶ月の前の旅。細かいところはさすがに忘れているかもしれませんが、記憶を頼りに書いていきます。

kako_127.jpg
 <あらすじ>
 5日間にわたる九州一周を終え、桃色の翼で大阪に舞い戻ってきた。しかしただで帰るわけではない。ここから第三部だ。


 第三部は泉佐野のお隣、井原里駅近くのホテルから始まります。なぜこんな所に宿を取ったかというと・・・。

IMG_k8673.jpg
 これがあるからです(笑

 関西を発つ前に朝の関空で飛行機を撮る、というわけです。なので前夜に一気に大阪市内へ移動しちゃうと、関空まで移動するのが大変。かと言って関空付近には安いホテルなんてほとんどない。色々調べた結果、この近辺で一番安い井原里駅近くのホテルに落ち着きました。
 ちなみにトリトンブルー群の手前に写っているのはマレーシア航空の新色。これも撮りたかったな~。

 しかし一番のお目当てはコチラ。
IMG_k8659.jpg
 ルフトハンザのB747様。国内で見れるジャンボは今や貴重です。成田へはA380が来ますし、ホントに日本の飛行機ファンに優しい航空会社だなぁ~、ルフトハンザって。
 2013年11月現在もジャンボが就航していますが、近い将来置き換えられる可能性も高そうですし、記録は早めにしておいた方がいいです。成田でさえジャンボが年々減ってるのに、ましてや関空なんて(以下自粛
 この他の飛行機はあまり近くに来なかったりで、関空での収穫はほとんどこれだけ。あとANAのB737が結構多かった。

 時間切れで関空を後にします。
 この日から青春18きっぷ使用に戻ったので、関空快速に乗るのが費用的には無難。しかし・・・。
IMG_k8675.jpg
 南海ラピートに浮気www だって乗りたかったんだもん。

IMG_k8678.jpg
 そして調子に乗ってスーパーシートへw せっかくの機会だからちょっと贅沢します。・・・とかなんとか言ってるけど、ラピートのスーパーシートは普通車と比べて追加料金はそれほどかからない。ラピートに乗ること自体が贅沢と考えた方がいいですね(^^;;;

 40分ほどスーパーシートを満喫し、新今宮で関空快速に乗り換え。こうなってくると「ラピートの意味www」となってしまいますね(笑 だって乗りたかったんだもん。

 大阪で新快速敦賀行きに乗り換え。この列車で一気に北陸路へ足を踏み入れます。
 しかしどっかでトラブったとかで微妙に遅れて到着。

 しばらく走ると、京都を過ぎて湖西線に突入。となると・・・。
IMG_k8690.jpg
 琵琶湖の登場です。天気にも恵まれて、もうほとんど海にしか見えません。

 列車はさらに湖西線を北上。しかし近江今津到着前、衝撃の車内放送が。
 「この列車は近江今津で車両交換をいたします」

 ええええぇぇぇぇ(><)

 困惑している間に近江今津に到着。そして乗り換えです。
IMG_k8705.jpg
 鉄的には225系が来ただけラッキーだと思うしかないのか・・・?
 隣に写っているのが先ほどまで乗っていた新快速です。・・・・・・車両交換するくらいならせめて対面乗り換えさせてくれ。。。

 こうして新快速は改めて敦賀へ向けて発車。ていうか、車両交換しても新快速なんだね。終点まで各駅に停まるのに新快速なんだね。素直に「普通」と名乗らないところに、新快速のプライドを見た気がした(爆
 この時点で10分ほどの遅れ。そろそろ後続の列車の時間が気になってきました。

 これ以上遅れれば致命傷だったんですが、列車は何事もなく敦賀に到着しました。

IMG_k8707.jpg
 ここで調子に乗って特急「しらさぎ」に乗り換え。いやいや、調子に乗ってるわけじゃなくて、北陸本線は特急街道だから青春18きっぷだと移動しづらいんスよ。だから福井までショートカットというわけです。福井までだったら金もそんなに高くつきませんし。

 30分ほどで福井に到着。この日は福井で宿泊する予定。よって大きな移動はこれで終わり。
 昼食時なので名物のソースカツ丼を食べようと思います。

 ・・・・・・あれ。おかしいな、ソースカツ丼のお店が見つからない。見つかるのはマクドとかサイゼとかそんなんばっかりです。。。
 時間が無常に過ぎていく中、駅前のビルにようやく1軒発見。これにて一件落着・・・とはいきません。実はこの時次に乗る予定の列車の時間まで20分を切っています(^^;;;

IMG_k8711.jpg
 なので、大急ぎで写真撮って大急ぎで食べるしかありません。
 おかげで舌火傷しかけました。でも味はかなり美味かった。また食べに行きたいですね。

 食べ終わり、急いでこちらの列車に乗ります。
IMG_k8712.jpg
 えちぜん鉄道はパッと見何の変哲もない地方のローカル私鉄ながらアテンダントさんが同乗しているというのが面白いですね。
 三国でバスに乗り換え、こんな所まで来ちゃいました。
IMG_k8726.jpg
 というわけで次回は東尋坊編、他1本でお送りします(爆

kako_127.jpg

<あらすじ>
 九州滞在の最終日は朝の陽光を浴びて長崎散歩から始まる。佐世保バーガー目当てに佐世保へ移動した後は、九州一周の最後を温泉で飾る。



 武雄温泉の駅から温泉街までは歩いて15分ほど。武雄温泉といえば風格のある楼門がシンボル。しばらく歩くと楼門らしき建造物が見えてきました。

IMG_k8388.jpg
 ・・・これ、本当に武雄温泉の楼門・・・?こんなに青かったっけ。こんなに四角形だったっけ。なんか思っていたのと違うな(^^;;;

 ・・・というわけで、タイミングの悪いことに修理の時期にぶち当たってしまいましたorz
 建物の維持のためには修繕工事も必要なことではありますが、何もこんな時期にやらんでも・・・(^^;;;

IMG_k8393.jpg
 楼門の写真はイメージ図で勘弁して下さい(^^;;;

 楼門があんな感じだからといって、温泉に入れないわけではない。というわけで元湯に入浴しました。
IMG_k8404.jpg
 元湯の中はこんな感じで、非常に趣があります。「ぬる湯」と「あつ湯」の2種類ありますが、「ぬる湯」の温度はちょうどいい感じ。一方「あつ湯」は・・・。

 熱すぎる。まともに入れるレベルの温度じゃない。
 「お風呂はケツに湯が噛み付くくらいの暑さが丁度いいんでい!」と江戸っ子はよく言うものですが、あれはケツに噛み付くどころかケツ噛み砕かれるぞ(^^;;;
 そんなわけで、熱いの苦手な自分は「ぬる湯」から一歩も離れませんでした。つるつるしてるし、温度もいいし、なかなかいい温泉だ。

IMG_k8408.jpg
 風呂から上がったら恒例のビン牛乳を飲みつつまったり休憩。こんなに時間がゆっくり流れていると感じたこと、少なくとも九州入りしてから無かったような・・・。

 心身ともにリフレッシュできたところで武雄温泉駅に戻ります。
 武雄温泉から乗るのは「みどり+ハウステンボス20号」。いよいよ周遊きっぷ使用では最後のランナーとなりました。
IMG_k8413.jpg
 実は先ほど「みどり」に乗車中にある事に気付いたのでお目当ての乗車位置へ。

IMG_k8424.jpg
 この写真をご覧になれば間違いなく分かるでしょう。お目当てというのは前面展望です。
 佐世保駅で「みどり16号」の編成を見たところ、前面展望が楽しめる車両は一番後ろだった。ところが「みどり」は早岐で進行方向が変わる。となると、パノラマ車両は一番前。しかも自由席。こんなにおいしい状況は滅多にありません。
 そんなおいしい状況なので、一番おいしい最前列の座席はとっくに埋まっている。なんて思っていたんですが、運よく空席だった。というわけで博多まで大パノラマを堪能します。
 天気が良いこともあって、最前列からは非常にいいパノラマが広がる。これ、下手すりゃ昨日の「あそぼーい!」のパノラマよりも良い眺めなんじゃ・・・と思ったのは内緒です(^^;;; あっちは悪天候で1m先も見えなかった状況でしたから、ある意味仕方ない。

 しばらくすると列車は鳥栖を出て鹿児島本線に入る。ここからはすれ違う列車も増えるので、さらに迫力満点です。
IMG_k8434.jpg
IMG_k8438.jpg

 いつしか終点博多が近づいてきた。周遊きっぷ片手に九州一周の珍道中もいよいよ終わりか・・・。
IMG_k8452.jpg
 そして列車は博多に到着。感慨にふける間もなくあっさりと地下鉄に乗り換えて福岡空港へ。帰りは飛行機に乗ります。
 手っ取り早くチェックインを済ませたら後は・・・。

 撮影タイムでしょ。
 というわけで展望デッキへ。
IMG_k8465.jpg
 早速羽田などの近場では見れないような飛行機も見られますが、後ほどゆっくり紹介します。

IMG_k8482.jpg
 まずはチェジュ航空を撮影。離陸シーンの撮影はやはり得意ではありません(^^;;

IMG_k8495.jpg
 続いてティーウェイ航空。韓国のLCCらしいですが、福岡空港のフライト情報を調べるまでその存在を全く知らなかったわけで・・・。まぁ日本国内では福岡にしか飛んできてませんし、知らないのも無理はありません。

IMG_k8512.jpg
 3枚目にしてようやく日本の航空会社が出たw というわけでスターフライヤー。個人的には北九州の印象が強いですが・・・。

IMG_k8515.jpg
 続いてJTA。何とジンベエザメのペイント機が来ました!個人的には南西航空のリバイバル塗装が来てほしかったですが、JTAの場合普通の機体だとそれこそJALとほとんど変わらないので・・・(爆 JTAオリジナル塗装の機体が来たのは収穫です。

IMG_k8543.jpg
 続いてFDA。これも関東では見られない航空会社です。機体ごとに色が違うというのも特徴で、写真のピンクの他にもオレンジとか緑とか・・・。ちなみに本拠地は、機体後方にご当地が舞台の某日曜夕方の大人気アニメのラッピングがされていることから推測できると思います(笑 写真だと見づらいですがww

IMG_k8567.jpg
 さらにピーチも来ました。こちらも今のところは関東では見られないので、もちろん初撮影。

 搭乗する飛行機の時間が迫ってきたので、そろそろ撮影を切り上げます。
IMG_k8582.jpg
 あ、最後にこんなのが来たので撮影。ごく普通のANA機・・・と思ったら「八重の桜」のラッピング機だった。

 これにて飛行機撮影タイムは終了。展望デッキを後にして帰りの飛行機の搭乗口へ向かいます。30分の割にはなかなか収穫は多かったです。
 さて、帰りの飛行機とは・・・。
IMG_k8567.jpg
 再掲ですみません(^^;;; というわけでピーチです。
 「え、ピーチって関西拠点で、関東には今のところ飛んでいないんじゃないの」って・・・。「帰りの飛行機」とはいっても、誰も東京へ帰るとは言ってないしw
 ていうか、周遊きっぷの発着を大阪にしたのも、「関西を起点にして切符を買えば帰りの航空機利用でピーチに乗るのに融通が利きやすいんじゃないか」という理由なんです。
 それに「話題になっているLCCとやらに乗りたかったし」とか「国内のLCC3社の中ではピーチが一番遅延率とか欠航率が低いし」など、理由は枚挙にいとまがありません。
 でも最大の理由は、一言で言うと安いから
 LCCに乗る時は大体そんなもんだ。

 それはさておき、人生初のLCCに多少浮かれつつも搭乗券の確認に向かったところ・・・。 
 あ、あれ、搭乗券は・・・!?(泣

 この状況だと、「搭乗券持ってないのに乗れるなんて思ってんじゃねーぞコノヤロー」なんて突っ返されてもおかしくないんですが、幸いにも搭乗券を再発行してもらって何とか事無きを得る(^^;;; もうホントに頭が上がりません。特にLCCはそういう面で淡白という印象がありましたから(殴

 そんなこんなでピーチの機内。自席を見つけて腰掛けようとしたところ・・・。
 「席替わってくれへん?」という男の声。どうやら友人とのグループ旅行で席が離れてしまったようで、独り身の自分はもちろん快く応じます。ていうか、席替わったところで大して変わらないしw
 そんな自分の席は通路側。窓側にしなかったのはちょっとしたミスかな。なんて事を思いつつ、ピーチは福岡空港を出発。

 福岡→関空の1時間のフライトって思ったより短いのよ。だから、
IMG_k8593.jpg
 機内販売でピーチデニッシュを食べたり、

IMG_k8594.jpg
 トイレ行くついでに機内写真を撮ったりしていたら、もう着陸態勢に入る頃合いです。
 ていうか、ピーチの座席って思ったより鮮やかではないんだな。個人的には、桃というよりぶどうに見えたw

 こうして、夜7時過ぎ、目立った遅れもなく関西空港に着きました。
IMG_k8595.jpg
 関空ではタラップ降機。その後バス移動で、真新しいLCCターミナルを通って関空のターミナルへ。

 今回初めてLCCに乗りましたが、安いからってその分サービスレベルとかが低いようには感じなかったな、というのが感想です。もっと言えば、JALやANAとも遜色なかったな~なんて。
 確かに座席にオーディオ機器が無いなど、低コストな部分もありましたが、そもそも新幹線とかに乗り慣れてる身としては、座席にオーディオ機器があるということ自体を贅沢に感じるので・・・。
 とにかく1万円切っててここまで満喫できたんですから、かなりお得なもんです。

 関空の中で夕食。大阪と言えばたこ焼きというわけで・・・。
IMG_k8602.jpg
 たこ昌で焼きそばセットを食べてきました。・・・たこ昌で何で焼きそば?きっとたこ焼きだけじゃ腹が膨れないと判断したんでしょうね・・・。

 九州は後にしましたが、だからと言って旅がすべて終わったわけではありません。明日のために関空の近くのホテルに投宿します。



 八日目 その1
 六日目 その1

プロフィール

hayatenowind

Author:hayatenowind
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。